テンバタダイスケ テンバタダイスケ オフィシャルサイト
Facebook
ニュース プロフィール なかまぼしゅう リンク おといあわせ  
テンノハタケツウシン ユーチューブ サイトマップ ,
     
 
YouTube
   
   
 
         
     
         
 
私が日常的に使用している「あ・か・さ・た・な話法」というコミュニケーション方法について説明します。
具体的なコミュニケーション方法としては、介助者が50音を読み上げ、「あ」で止まった場合、今度は介助者が「あいおえお」と母音を言います。「う」で止まったら、最初の言葉は「う」となり、この繰り返しで会話をしていきます。
 
東京在住の私にとって、京都にある立命館大学大学院通学は困難です。その為、立命館大学と私の自宅を「遠隔受講」として、Skype(スカイプ通信)を利用しています。お互いの様子を確認しながら講義が進めることができ、また質疑応答にも対応できます。

 
         
         
         
       
         
 
私天畠大輔の食事介助時の様子を映したものです。私自身が嚥下障がいを持っている為、食事を米粒大になるくらいにハサミで細かく刻み、喉につまらないように注意する必要があります。介助者がスプーンで刻み食を口まで持ってきて、顎を持って咀嚼の手助けをします。