テンバタダイスケ テンバタダイスケ オフィシャルサイト
Facebook
ニュース プロフィール 会社概要 仲間募集 リンク お問い合わせ
業績一覧 講演情報 ユーチューブ サイトマップ
     
 
プロフィール
   
 
 

天畠大輔
 

自己紹介
天畠 大輔
14歳の時、医療ミスにより、四肢麻痺・発話障がい・視覚障がい・嚥下障がいを負い、重度の障がい者となり車椅子生活を余儀なくされる。 ルーテル学院大学を経て、立命館大学大学院先端総合学術研究科先端総合学術専攻一貫性博士課程修了【2019年3月博士号(学術)取得】。現在は、㈱Dai-job highを運営する傍ら、中央大学にて「『発話困難な重度身体障がい者』と『通訳者』間に生じるジレンマと新『事業体モデル』」の研究を行う。立命館大学生存学研究所客員研究員。日本で最も重い障害をもつ研究者。東京都武蔵野市在住。1981年生まれ。


Daisuke Tenbata

Born in 1981. I live in Musashino-city, Tokyo.
At the age of 14, by a medical malpractice, I took to my bed with phonaesthesia, tetraplegia and visual disability, which have left me disabled for the rest of my life in a wheelchair.
Having graduated from Japan Lutheran College & Seminary, I am currently studying at graduate school of Core Ethics & Frontier Sciences, Ritsumeikan University.
The main theme of my research is the study of "Person with disabilities and its communication".
Besides my research, I have been also managing a non-profit organization for children with disability to offer continuing support and assistance to them.

将来の夢
研究者として、「障がい者とコミュニケーション」を専門に研究し、 障がい者がよりよい生活を送れるようにすること。
ロックトインシンドロームの支援者の財団を立ち上げること。
(ロックトインシンドローム=閉じ込め症候群、頭のてっぺんからつま先まで、全身が麻痺状態だが意識や知能はまったくもとのまま。自分という人間の内側に閉じ込められてしまうといった状態。映画「潜水服は蝶の夢をみる」の主人公にもみられるもの。)


趣味・特技

昔から映画が好きで、邦画はほとんど見ている。翻訳家の戸田奈津子に憧れて英語の勉強を始めた。
音楽鑑賞(サザンオールスターズ、Mr. Children、スピッツ、斉藤和義ほか)。オシャレすること。聴覚だけで英検準2級取得。


症状

14歳の時、急性糖尿病で倒れた際の医療ミスにより、それ以来四肢麻痺になった。
心停止の状態が20分以上続いたことにより、脳の運動野が破壊されたからである。
視力にも障害があるが、全く見えないわけではなく、立体や色、もちろん人の顔も認識できる。
ただし、紙面やパソコンの画面など、平面のものは見えにくい。知能における障がいはなく、情報を受けとる際は聴覚情報が中心。
発話が困難なためコミュニケーションには時間を要するが、本人の手を引いて一語一語を確認することでコミュニケーション可能。


コミュニケーション方法

介助者が私の手を持つ。介助者が「あ・か・さ・た・な・・・」と子音を言う。
私が伝えたい子音の所で手を引く。子音が決まる。
例えば「あ」で止まった場合、今度は介助者が「あ・い・う・え・お」と母音を言う。
「う」で止まったら、最初の言葉は「う」となる。
この繰り返しで会話していく。


 
   
 
 
       
   2019年5月   立命館大学生存学研究所客員研究員としても、研究に携わる。
   2019年4月  

日本学術振興会特別研究員(PD)として、中央大学にて研究開始。NPO法人「境を超えて」理事就任。

.
 
 2019年3月
  立命館大学大学院先端総合学術研究科先端総合学術専攻一貫性博士課程修了。博士論文題目「『発話困難な重度身体障がい者』の新たな自己決定概念について――天畠大輔が『情報生産者』になる過程を通して」。「㈱Dai-job high」代表取締役辞任。
.
   2017年10月
  「㈱スカイファーム」から独立し、指定障害福祉サービス事業所「㈱Dai-job high」 を立ち上げ、代表取締役に就任。
.
   2015年10月   一般社団法人脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会理事に就任。
   2015年4月   「㈱スカイファーム」代表取締役復帰。
.
 
 2012年5月
 
NPOダイジョブ+代表として、東京都立光明特別支援学校の連絡協議会の委員に就任。
 
 2012年4月
 
日本学術振興会特別研究員(DC1)として、研究開始。
   2012年3月   「㈱スカイファーム」代表取締役辞任。
 
 2011年8月
 

指定障害福祉サービス事業所として、「㈱スカイファーム」の営業開始。

 
 2011年6月
 
認定心理士資格を取得。
.
 
 2010年8月
 
NHK障害福祉賞45年を記念して出版された『雨のち曇り、そして晴れ〜障害を生きる13の物語』(NHK厚生文化事業団出版)において、自身の作品『「あ・か・さ・た・な」で大学に行く』が収録される。
武蔵野市御殿山の事業所を兼ねた新居へ引っ越し。
.
 
 2010年6月
 
.
 
 2010年4月
 
大学院自己推薦入学試験を受験し、合格し入学。
重度障がい者として初めての大学院入学ということで京都新聞の一面に載る。
.
 
 2009年8月
 
「㈱スカイファーム」設立。
.
 
 2009年4月
 
認定心理士の資格取得を目標に、ルーテル学院大学総合人間学部臨床心理学科へ編入。
.
 
 2008年9月
 
卒論完成、ルーテル学院大学卒業。卒業論文題目「わが国の肢体不自由養護学校高等部における進路支援のあり方について――障害者の大学進学を進めるためには」。年末にNHK障がい福祉賞・優秀賞受賞。ルーテル学院大学第一回パイオニア学長賞受賞。
.
 
 2007年12月
 
シカゴにて、お世話になった牧師からキリスト教プロテスタントの洗礼を受ける。
.
 
 2006年9月
 
医療過誤裁判結審「勝訴」する。
.
 
 2006年4月
 
大学3年。障がい学生の大学生活をサポートする団体、LSS(ルーテル・サポート・サービス)を設立。その後、大学の公認団体に成長。
.
 
 2005年4月
 
大学2年。社会福祉学科に編入。社会福祉、介護等の勉強を本格的に始める。
.
 
 2004年9月
 
千葉市から大学の近郊である武蔵野市に転居。
.
 
 2004年4月
 
ルーテル学院大学神学科合格。念願の大学入学を果たす。
.
 
 2003年2月
 
ルーテル学院大学に配慮を受け受験したが合格せず。しかし、聴講生として通学する。更に大学生達に家庭教師として協力してもらい、猛勉強する。
.
 
 2002年9月
 
大学受験の勉強をやりながら、幾つかの私大にアプローチしたが悉く断られる。ただルーテル学院大学だけ受験許可をもらう。
.
 
 2002年5月
 
ボトックス治療で、拘縮した腕の筋肉は緩和し、歩行器で歩けるようになる。だが、3ヵ月過ぎると薬の効果は減少し、元の状態に。この治療を断念し、約5ヶ月で帰国。
.
 
 2002年2月
 
家族で再渡米。シカゴのリハビリ病院に入院し、ボトックス治療を受ける。その後、病院近くにアパートを借り、病院に通う日々。
.
 
 2001年4月
 
シカゴのリハビリ病院でドクターからの診察を受ける。ボトックス治療で治癒する可能性があることを言われ、取りあえず帰国する。
.
 
 2000年4月
 
一筆啓上賞(日本一短い手紙)佳作入選。NHKイメージ番組として放映される。
.
 
 2000年3月
 
養護学校高等部卒業。平日は家庭教師による勉強、およびドーマン法による数人のリハビリ、日曜日もリハビリという生活。同時に、シカゴのリハビリ病院に症状を映したビデオを送り、交渉。
.
 
 1999年7月
 
医療過誤裁判スタート。全国高校生作文コンクール佳作入選。
.
 
 1999年3月
 
リハビリテーションセンターを退院。自宅から通学する。
.
 
 1998年4月
 
高等部2年、担任、溝口先生。恩師と出会う。聴覚だけによる英語検定の準2級を取得。
.
 
 1996年12月
 
リハビリテーションセンターに転院。養護学校中等部に入学。病院から学校に通う。
.
 
 1996年8月
 
ICUを出て、一般病棟に移る。一種一級の重度障がい者として認定される。多くの障がいを抱える。はじめて「あかさたな話法」で、自身の意思を母に伝える。
.
 
 1996年5月
 
ICUにて約3週間の昏睡状態。人工呼吸器装着。
.
 
 1996年4月
 
体調が悪く救急診療所にて診察される。その後、自宅にて昏睡状態となり救急車で搬送されるが、心停止を起こしICUで生死の境を彷徨う。
.
 
 1996年2月
 
イギリスでの留学中に体調不良(ドクターストップ)で帰国。
.
 
 1994年4月
 
某国立大学教育学部付属中学校入学。春休みはオーストラリアでホームステイをする。
.
 
 1988年4月
 
某国立大学教育学部付属小学校入学。
.
 
 1981年12月
 
広島県呉市にて、天畠良光・万貴子の第一子として生まれる。