テンバタダイスケ テンバタダイスケ オフィシャルサイト
Facebook
ニュース プロフィール 会社概要 仲間募集 リンク お問い合わせ
ユーチューブ サイトマップ ,
     
 
プロフィール
   
 
   

ごあいさつ

 

はじめまして、天畠大輔です。私は、㈱Dai-job high を「『発話困難な重度身体障がい者』の支援に特化した事業所」にする事を目標に、2017年10月に立ち上げました。私やALSの方のように、発話によりコミュニケーションがとれない全身性の障がい者の存在や、私たちが抱える多くの問題を知ってもらうことを第一歩に、当事者がより生きやすい社会を作る、これが、私と会社の願いです。

  job  

会社概要

 
名称 ㈱ Dai-job high
所在地
〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山2-21-14 2F
連絡先 tel / fax 0422249334
沿革 2017年8月  ㈱Dai-job high設立
2017年10月  東京都より「指定障がい者福祉サービス事業者」受託・㈱Dai-job high開業
2019年2月  東京都より「指定訪問介護事業所(共生型)」受託
2019年3月  東京都武蔵野市に「指定居宅介護支援事業所」申請
事業内容 ①重度訪問介護サービス
②講演、寄稿、及びそれにかかわる研究業務
③当事者が事業所を開設するため等の相談業務
④重度訪問介護従業者養成研修

 
 

 

 

policy

 

①当事者の人生をサポートする介助者の育成

私自身は、介助者の手を引っぱり合図を送ることで、一字一字伝えていくコミュニケーション方法を取っています。(通称 「あ・か・さ・た・な話法」)その他にも、口文字や文字盤を用いた方法、PCを使った視線入力など、様々なやり方でコミュニケーションを取っている方がいます。
「発話困難な重度身体障がい者」にとって、意思を的確に、また出来る限り楽に読み取ってもらう為に、介助者の存在は必要不可決です。もし、コミュニケーションが全くとれない状態であれば、それは暗闇の中に閉じ込められているのと同じことです。㈱Dai-job highでは今後、重度訪問介護資格の研修事業を行い、そうした介助者の育成に努めていく予定です。
 

②自薦ヘルパーの普及

当事者が生きる目標や夢をもち、介助者はその夢のサポートにやりがいをもつ。㈱Dai-job highは、こうしたマッチングを少しでも生み出す支援をしていきたいと考えています。当事者が信頼できる介助者を見つけ、自分で介助者のシフトを決め、二人三脚で生きていくためのアドバイスや相談を今後、積極的に行っていきます。最終的には、自分専任の介助者達とともに、当事者が自らの事業所を立ち上げる仕組みを確立していくことを目標にしています。
 

③当事者のエンパワメント

特別支援学校では、未だにヘルパー制度を全く知らない生徒が沢山います。私も、養護学校で過ごしてきたので、その事は身をもって解っています。後輩たちには、重度訪問介護制度について知ってもらい、重い障がいがあっても事業所を立ち上げる事だって出来るということ、自由に夢を持って生きていけることを伝える活動をしていけたらと思っています。
 
④新たな介助モデルの提案

「発話困難な重度身体障がい者」は、その障がい特性ゆえに自己と他者の切り分け難さからくる様々なジレンマを抱えています。しかし、既存の介助モデルでは、彼らの支援を捉える枠組みがありません。そこで、㈱Dai-job highでは新たな当事者と介助者の関係性モデルを研究し、提案してまいります。

 

業務内容