テンバタダイスケ テンバタダイスケ オフィシャルサイト
Facebook
ニュース プロフィール なかまぼしゅう リンク おといあわせ  
テンノハタケツウシン ユーチューブ サイトマップ ,
     
 
なかまぼしゅう
   
 
天畠大輔(東京都武蔵野市御殿山在住)が
ボランティアを募集しています。



将来の夢
研究者として、「障害者とコミュニケーション」を専門に研究し、 障害者がよりよい生活を送れるようにすること。
ロックトインシンドロームの支援者の財団を立ち上げること。
(ロックトインシンドローム=閉じ込め症候群)
頭のてっぺんからつま先まで、全身が麻痺状態だが意識や知能はまったくもとのまま。
自分という人間の内側に閉じ込められてしまうといった状態。映画「潜水服は蝶の夢をみる」の主人公にもみられるもの。


趣味・特技

昔から映画が好きで、邦画はほとんど見ている。翻訳家の戸田奈津子に憧れて英語の勉強を始めた。
音楽鑑賞(サザンオールスターズ、Mr. Children、スピッツ、斉藤和義ほか)。オシャレすること。聴覚だけで英検準2級取得。


症状

14歳の時、急性糖尿病で倒れた際の医療ミスにより、それ以来四肢麻痺になった。
心停止の状態が20分以上続いたことにより、脳の運動野が破壊されたからである。
視力にも障害があるが、全く見えないわけではなく、立体や色、もちろん人の顔も認識できる。
ただし、紙面やパソコンの画面など、平面のものは見えにくい。知能における障害はなく、情報を受けとる際は聴覚情報が中心。
発話が困難なためコミュニケーションには時間を要するが、本人の手を引いて一語一語を確認することでコミュニケーション可能。


コミュニケーション方法

介助者が私の手を持つ。介助者が「あかさたな・・・」と子音を言う。私が伝えたい子音の所で手を引く。
子音が決まる。
例えば「あ」で止まった場合、今度は介助者が「あいうえお」と母音を言う。
「う」で止まったら、最初の言葉は「う」となる。
この繰り返しで会話していく。


ボランティア内容

車椅子での近隣移動、電車移動。映画、コンサート等への同行。自宅での本読みや研究(投稿論文や博論の執筆など)の手伝い、授業を受講する際のノートテイク。その他研究をしていく上での所々の事務作業。
平日の夕方、土日にお願いできる人。
色々な人との出会いを大切にしています。学年や学部、性別を問いませんので興味関心を持った方は是非一度問い合わせフォームよりお問い合わせください。心よりお待ちしています。