講演履歴
   
 

 

>書籍など
>学術論文
>学会発表
>連載
>書評・解説
>新聞・雑誌・その他

 

 
 
     

【書籍など】

  • 天畠大輔,2012,『声に出せない あ・か・さ・た・な――世界にたった一つのコミュニケーション』生活書院.

    発行年月日:2012年05月10日
    著者:天畠大輔
    出版社名:生活書院

    私が6年間かけて執筆した渾身の自叙伝。脳死と判断された状態から、コミュニケーションを獲得し、大学院に至るまでの紆余曲折を綴った本です。

    こちらから購入できます。

 

    声に出せない あ・か・さ・た・な  
               
     
  • 天畠大輔,2010,「『あ・か・さ・た・な』で大学に行く」,NHK厚生文化事業団編『雨のち曇り,そして晴れ――障害を生きる13の物語』日本放送出版協会,180-196.

    発行年月:2010年08月
    著者/訳者:NHK厚生文化事業団/編
    出版社名:NHK出版

    天畠大輔【「あ・か・さ・た・な」で大学に行く】が収録されています。

    こちらから購入できます。
    雨のち曇り、そして晴れ~障害を生きる 13の物語  
       
   
       
【学術論文】
  • 天畠大輔,2008,「わが国の肢体不自由養護学校高等部における進路支援のあり方について――障害者の大学進学を進めるためには」ルーテル学院大学総合人間学部社会福祉学科2007年度卒業論文.
  • 天畠大輔,2019,「『発話困難な重度身体障がい者』の新たな自己決定概念について――天畠大輔が『情報生産者』になる過程を通して」立命館大学大学院先端総合学術研究科2018年度博士論文.
 

【学会発表(ポスター発表)】
  • 天畠大輔・川口有美子・韓星民,2009「情報コミュニケーションと障害の分類」,障害学会,立命館大学.
  • 天畠大輔,2012,「重度身体障がいのある大学院生の学習と生活~日本における重度障がい者の在宅生活の一例として~」,第3回障害学国際研究セミナー(2012年韓日障害学国際フォーラム) .
  • 天畠大輔・北地智子・黒田宗矢・森香苗,2017,「自立を依存先の分散とすることの再検討――天畠大輔を事例として」,脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会,とかちプラザ.
【学会発表(シンポジウム)】
  • 天畠大輔・熊谷晋一郎・北山晴一・松本亜砂子,2016,「「発話困難な重度身体障がい者」2名の事例を通して依存を解く」,脳損傷者ケアリング・コミュニティ学会,東京医科歯科大学.
  • 伊藤道哉・佐藤安夫・天畠大輔,2018,「厚生労働省『終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン』をめぐって――終末期医療に関する国の考えを学び,備える」DPI日本会議全国集会尊厳生分科会,横浜市技能文化会館.
 

【連載】
  • 天畠大輔, 「『あ・か・さ・た・な』で大学へ」連載企画「地域で活躍する当事者団体」にて記事執筆,全国障害学生支援センター機関誌『情報誌 障害をもつ人々の現在』70号,2011年11月.
  • 天畠大輔,「あ・か・さ・た・なで学び続ける」,『リハビリテーション』鉄道身障者福祉協会,565:25-28,2014年7月.
  • 天畠大輔,「私が選んだ今年の五大ニュース」,『ノーマライゼーション:障害者の福祉』日本障害者リハビリテーション協会,日本障害者リハビリテーション協会,2014年12月.
  • 天畠大輔,「ロックトインシンドローム患者3人へのインタビューを通して――天畠大輔inフランス」,『ノーマライゼーション:障害者の福祉』日本障害者リハビリテーション協会,35:48-50,2015年4月.
  • 天畠大輔,「ダレと行く?からはじまる私の外出」,『リハビリテーション』鉄道身障者福祉協会,575:29-32,2015年7月.
  • 天畠大輔,「1000字提言」『ノーマライゼーション:障害者の福祉』日本障害者リハビリテーション協会,2016年2月,6月,10月.
  • 天畠大輔,「生き方わたし流――事業所のすゝめ」,『ノーマライゼーション:障害者の福祉』日本障害者リ ハビリテーション協会,2017年2月
 

【書評・解説】
  • DPI日本会議機関誌『DPI 我ら自身の声』26-2号「書籍紹介」内に書籍『障害があるからこそ普通学級がいい~「障害」児を普通学級で受け入れてきた一教師の記録~』紹介文執筆,2010年7月
  • 中村尚樹著「最重度の障害児たちが語りはじめるとき」紹介文執筆,『リハビリテーション』鉄道身障者協議会,32,2014年6月.
  • DPI日本会議機関誌『DPI 我ら自身の声』30-1号「書籍紹介」内に報告書『障害のある女性の生活の困難――複合差別実態調査報告書』紹介文執筆.2014年7月
 

【新聞・雑誌・その他】
  • 読売新聞社,2012,「一字一字紡いだ16万字」『読売新聞夕刊 大阪本社版』2012年3月31日.
  • 読売新聞社,2012,「一字一字紡いだ16万字」『読売新聞朝刊 東京本社版』2012年4月10日.
  • 朝日新聞社,2013,「まひの病床,涙のサイン 武蔵野の天畠さん,意思疎通の研究者に」『朝日新聞朝刊』 2013年3月17日.

  • 朝日新聞社,2013,「話せずとも,通じた気持ち 東京・台湾,重度障害の2人の対面 互いの『話法』で」『朝日新聞朝刊』 2013年3月25日.
  • 朝日新聞社,2013,「生きる 天畠大輔さんの台湾訪問記:上――文字紡ぐ,声なき言葉」『朝日新聞朝刊』 2013年4月9日.
  • 朝日新聞社,2013,「生きる 天畠大輔さんの台湾訪問記:下――24時間態勢で受ける生活」『朝日新聞朝刊』 2013年4月10日.
  • 朝日新聞社,2013,「わがまま言っていいよ 重度障害の大学院生 天畠講演」『朝日新聞朝刊 熊本版』 2013年8月20日.
  • 朝日新聞社,2013,「ひと 天畠さん 重度障害を乗り越え,博士論文に挑んでいる」『朝日新聞朝刊』 2013年10月23日.
  • 日本経済新聞社,2014,「『当事者研究』広がる――社会を変えるきっかけに」『日本経済新聞朝刊』 2014年7月28日.